HAHATOCO CAFE

子育てやママライフ、暮らしのアレコレ

スポンサーリンク

双子妊娠の検診頻度ってどのくらい?大学病院に通う私のパターンまとめてみました

投稿日:2018年2月23日 更新日:

「多胎妊娠だと妊婦健診の回数が単胎妊娠時より多くなる」

ベネッセなどの多胎本はもちろんのこと、双子妊娠についての情報をネットなどで調べてみても、このような文字を見かけた人、たくさんいるかと思います。

でも実際にはそうでもないパターンもあるようなんです。

というのも私が通う大学病院の場合、検診頻度に関しては以外にも単胎妊婦さんと回数は変わりない!とのことなんですよね・・・(こちらとしては、もうすこし慎重に見てもらいたいんですけどね)

しかし双子を妊娠してその後の検診頻度の回数を聞いた当初は「え!?そんな感じで大丈夫なの?」と不安になりましたし、ハイリスク妊婦の一員ながらなんだか雑に扱われているようにさえも感じたりもしていました(苦笑。

とはいえもちろん病院によっては定期的に検診を入れてくれるところもあるだろうし、病院によっては妊娠30週前後で強制的に管理入院になるところもあるので、検診頻度や病院の対応などはそれぞれ対応方法など違うのは仕方ないのかな・・・と

なので、ここに綴ったことはあくまで私が通う病院のパターンとして参考程度に読んで頂けれたら嬉しく思います!

スポンサーリンク

一卵性双生児を妊娠中の私の検診頻度

現在私は一卵性(一絨毛膜二羊膜)の双子を妊娠しています。

赤ちゃんはお腹の中で別々の羊膜の中にいますが一つの胎盤の中を共有しているので、比較的リスクが高い・・・とも言われています

しかし幸いなことに私のお腹の赤ちゃんたちは順調に育ってくれていることもあって、妊娠中の私の検診頻度は単胎妊娠時で受けるときとほぼ同じ回数で予定が組まれているんですよね。

ちなみに間隔としては以下の通り↓

初期段階 2週間に1回
〜6ヶ月 4週間に1回
7〜8ヶ月 2週間に1回
9ヵ月~臨月 1週間に1回

通常だと単胎妊娠時は臨月以降は1週間に1回の間隔での検診が行われるようですが、双子妊娠の場合は9か月以降から1週間に1回の間隔で検診が行われるとのことでした。

追記(2018/05)

当初の予定だと表のような感じで検診を行っていくと言われていたのですが、妊娠経過が順調だったこともあり、7か月以降~出産直前までの検診頻度は出産で入院する37週まで2週に1回の検診しかありませんでした・・・。

なので臨月になった今でも市から頂いた補助券がかなりあまっている状況です(苦笑。

ちなみに私の場合は今回双子妊娠をした時点で、単胎の場合よりも検診が多いということをネット上や本でリサーチ済だったので、

「次の検診は4週間後でいいよ」

と先生に言われたときは、4週間も開けてしまうことにかなり不安を抱えていましたね💦

でもそんな不安からか(!?)、途中でお腹が張った気がして慌てて病院へ足を運ぶこと2回・・・。

結果、検診で4週もの期間が空いたのは結局のところ1回限りでしたね。

私の周りにいる双子ママの検診頻度も聞いてみた!

ちなみに私の周りにいる何人かの双子ママに聞いてみたところ、

初期のうちから2週間に1回の検診が組まれていた

~6か月までは4週に1回の検診だった

などと一卵性・二卵性を問わず病院や経過によって検診の頻度はまちまちでした。

でもこの検診頻度に関しては病院によって様々なようでしたし、もし検診の頻度が4週に1回になってしまったとしても、ある意味「経過が順調」ということでもあると思うんです。

なので私のように病院からの検診頻度が「~6か月までは4週に1回で大丈夫!」とお墨付きをもらっているようであれば、特に問題はないのではないかと思いますし、あとは気になったら病院へすぐに駆け込むことをすればなんら問題はないのではないかと思います!

まとめ

今回は私が通う大学病院での双子妊娠時の検診の頻度についてまとめてみました。

「双子の妊娠はリスクが高い」と言われて色んなことの不安が尽きないかと思います。

私自身、今でこそ双子がお腹の中にいる生活にも慣れてきましたが、検診時は毎回ドキドキものですしね。

ただ先生たちは毎回細かいところまでチェックしてリスクを未然に防げるようにと努めてくれているはずなので、あとは双子の生命力を信じて残り少ないマタニティライフを楽しんでいくしかないと思うんです!

いや、妊娠後期になったらそうとう辛い目にあいそうですが・・・(泣)。

ということで以上、特にトラブルに見舞われていない私の場合での”双子妊娠の検診頻度について”でした!

追記(2018/05)

この記事を書いてから4か月が経過し、今は臨月になり出産も目の前になりました

途中何度かお腹の張りや膀胱炎の症状が出たり恥骨痛で歩けなくなったり出血(原因は不明)があったりして病院へと駆け込んだこともありましたが、検診を受けるたびに産科の先生に

「双子妊娠なのに素晴らしい経過!」

と言われて続けた私はかなり順調な経過をたどることが出来ていたようで、なんとなか臨月の今も自宅で過ごすことが出来ています。

それもこれも大きなトラブルがなかったからだからこそだとは思いますが、妊娠経過が順調であったからこそ7か月~臨月まで2週に1回の検診で済んだのかもしれません・・・。

とはいえただでさえハイリスクな妊婦な訳ですから、9か月以降は1週間に1回くらい検診を受けたかったなぁというのも本音でもあるんですけどね

と、妊娠経過はかなり順調ではあったものの、8か月以降は双子妊娠だからこそ出てきた身体のトラブルなども多々あったので、そのことに関してはまた別記事でまとめていきたいとおもいます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

-双子妊娠記録

Copyright© HAHATOCO CAFE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.