HAHATOCO CAFE

子育てやママライフ、暮らしのアレコレ

スポンサーリンク

子どものものもらい。眼科で診察~治るまでにかかった期間まとめ。

投稿日:2016年5月26日 更新日:

先日の出来事。我が家の息子(4才)のまぶたが赤いなぁと思ったのもつかの間。

次の日の朝には真っ赤に腫れてしまい、見るも無残な顔になってしまいました(苦笑)。

なんだろう、例えて言うと

ボクサーの試合後の顔;つД`)

慌てて眼下に行って診てもらったら『ものもらい』との診断を受けました。

いやいや、ここまで腫れがひどくなる"ものもらい"を私も夫も体験したことがなかったので痛々しい姿にしばらくは息子の顔を見るのが辛いというか・・・。

けど知らなかっただけで子どももなりやすい"ものもらい"。

せっかくなのでものもらいになった経緯や治るまでにかかった期間などまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

今回息子がものもらいになった経緯

我が家の息子は普段保育園に通っています。

そして有難いことに毎日土に触れられる環境の保育園で雨の日以外は毎日お外遊びで欲に言う"どろんこ保育"で毎日土に触れられる環境で過ごしています。。

しかしこのどろんこ保育中にどうやら息子が土がついた手で目をこすったのか、土が入ってしまったのかが原因で目にばい菌が入りものもらいになってしまったようです。

ちなみにその日は特に目の腫れや痛みを訴えることもなくいつも通り過ごしていたのですが、

翌日=まぶたが少し腫れている?むくんでいるのかな?みたいな状態

その次の日の朝=真っ赤に腫れ、それこそ試合後のボクサーの顔

へと変化していきました。

子どものものもらいで病院受診~目薬・抗生物質の処方


眼科では目の検査を事細かく行ってくれ、目薬2種、そして飲み薬(抗生物質)を1日3回分×3日分処方されました。

我が家の息子はかなり目の腫れがあったので『身体の中からも』ということで飲み薬も処方されたようでしたが、これがかなり効果があったようで、目の腫れは3日後くらいにはほぼ目立たない状態に。

膿も出ることなく、徐々に腫れが引いていった感じで目の腫れ、赤みがとれいつも通りのまぶたに戻るまでにかかった期間はおよそ1週間ほどでした。

眼科の先生には『1週間くらいで腫れは収まるはずだからもし治らないようならまた病院に来てね』と言われていたんですが我が家の息子の場合は意外と早く効果が表れたようであっという間に元のまぶた(二重から三重にはなりましたが(苦笑))に戻ることができました。

ただ我が家の息子、困ったことに目薬が大嫌い(;

本来は1日4,5回するように言われた点眼は多くて2回しか出来ず、と中途半端なのにも関わらず3日後くらいには腫れも引いていたのは抗生物質のおかげかな、と勝手に思っています(苦笑)。

ものもらいは人には移らないと言われているけど・・・。

ものもらいは移らない病気と言われていますが、母親の私は見事移りました・・・。

目薬をするときに子どもの目の周辺に触れてしまった手で自分の目の周辺を触っていたのかもしれません。

それにしても子どものものもらいも大変ですが、大人がものもらいになるとこれまた大変です。

私の場合は2週間弱腫れが治まらなかったですからね。

お子さんがものもらいになった場合、「ものもらいは移らない病気だから・・・」と安易に考えず目薬をするときやお子さんに触れるときなどはその都度しっかりと手洗いして菌が自分にも移らないようにしてくださいね!

2017年8月追記:息子5才にして再度ものもらい発生するも市販の目薬であっという間に治りました。

この記事を綴った1年と数か月後。

我が家の息子は再度ものもらいに感染しました。

しかし週末と言うこともあってかかりつけの眼科は定休日・・・。

とりあえず、と薬局で購入した目薬がすぐに効果を発揮してくれたこともあり目の腫れは点眼を始めて2日目には腫れが分からないまでに回復。

本来であれば目の腫れがあったら眼科医の受診をして状態を見てもらうのがいちばんだと思いますが、週末などですぐに病院に行けない場合でものもらいの症状が出ているようであれば市販の目薬を使って様子を見てみてもいいかもしれません。

ちなみにこちらの目薬は幼児から使用可能で1回使いきりタイプで清潔を保てるのもポイント。

ほとんどの薬局で取り扱っているはずなので、病院へすぐに行けない場合はぜひ一度お試ししてみてください!

スポンサーリンク

-病気・感染症

Copyright© HAHATOCO CAFE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.