HAHATOCO CAFE

子育てやママライフ、暮らしのアレコレ

スポンサーリンク

IKEAのケースとシールでお洒落な米びつに&我が家のお米のズボラ的保存・収納術

投稿日:2016年4月12日 更新日:

先日行ったIKEAでgetしてきたなんてことない白い収納ケース。

『これは米びつ代わりに使えるんじゃないかな?』と思いつつ、周辺を見渡してみたら、お洒落なシールを発見しまして。

英字がお洒落な書体(フォント)で、もうトキメキ度Maxです♡

という訳で、今まで米びつを持たずになんとか乗り切ってきた我が家でしたが、ついに結婚6年目で初米びつデビューを果たしました!

なおこの収納ケースは米びつとしては売られていませんのであしからず。

けど収納方法をちょっと工夫するだけでお洒落な米びつとして活用することが出来るので、IKEAの収納グッズをぜひ我が家でも米びつに!と思っている方はぜひ我が家のお米の収納方法も合わせて参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

IKEAの白い収納ケース&お洒落シールでなんちゃって米びつの完成

難しい説明は置いておいて・・・。

今回我が家がIKEAで購入して米びつとして使い始めたのはこちらの収納ケース。

パッと見た感じでは至って普通な収納ケースなんですが、ここに同じくIKEAで販売されているお洒落なフォントが特徴なシールを貼ると雰囲気が変わって良い感じになるんです!

ちなみに使っているシールはこちら。

シールを貼り付けたあとはこんな感じでモノトーン×シンプルでまとめた色合いもシックで見た目もなかなか良い感じではないでしょうか(自分比)。

え?お洒落でもなんでもない?普通?

いいんです、自己満足していればそれでOKですから(苦笑)。

けど、今まで自分がときめく米びつを散々探していたので、トータル予算1,500円強でget出来たのはなにより嬉しいことです♪

ちなみにシールは我が家では黒バージョンを選択しましたが、店頭にはこの他にも色違いのものや、ちょっとデザインが違う物など色んな食材用シールが販売されていました。

我が家の米びつ収納のケースに貼ったシールはもちろん"RICE"。

この文字フォントがまた素敵でキッチンの良きポイントとなってくれています♡

はじめの手間はかかるものの、お米の収納はポリ袋収納で楽ちん&虫よけ対策

今までもそうだったんですが、我が家ではお米を買った後、3合分をポリ袋に入れて仕分けたあと、まとめて冷蔵庫に入れておいてました。(いくつかはおかゆ用などに1合用も)

我が家ではお米を炊くのはタイマーセットしておく朝の1回だけ。

朝ご飯を炊いて余った分は冷凍保存にしてしまうので、夜お米を炊飯器にセットするときに軽量せずに(つまり手間を少なくするために)すぐにお米の準備が出来るようにするために事前に軽量したお米をポリ袋収納しているんです。

家事の手間をなくすってこともあるんですが、これは私の収納のお手本にさせて頂いている整理収納アドバイザーのEmiさんの本、OURHOMEの中の、後の手間より先の手間を優先させるを参考(と言ってもお米の収納に関しては私の勝手なオリジナル)にして始めたことで、実際にお米のポリ袋収納を始めてからは後の手間が減って気持ちの余裕が持てるようになりました。

といっても先の手間にしたところで『めんどくさいな~』と思うのは今も変わらず(苦笑)、でも後のことを考えると最初の手間を選んだ方が後が楽ちんなので、、先の手間をとるようにしています^^;

なので、米びつをgetした今もお米のポリ袋収納は変らず。

ポリ袋収納にすることで、虫が寄り付かない対策にもなりますしね^^。(ちなみにこの収納ケースはふたがついていますが、ちゃんとピッチリと閉まりません^^;なので米びつとして直接お米を入れてしまうのはちょっと危険かも・・・。)

なくてもいいもの、かもしれないけど、あってもいいもの。

これはずっと考えていたんですが、米びつってなくてもいいのかな、と。

お米をペットボトルに収納したり、我が家のようにポリ袋収納だったりすると、それで十分事足りているし米びつを持つ必要ってないのかな、と思ってはいたものの、実際に買って使ってみたら、冷蔵庫から出す手間が省けたし(苦笑)、自分的には大満足な見た目の米びつになったので、今となっては"あってよかった"モノに昇格中。

専用のものを買ってしまうと、それ限定でしか使うことが出来ないけど、将来的にも使いまわせて、使う場所や用途を限定しないモノ選びってこういうことなんだろうな、と今回は大満足なお買い物でした♪

スポンサーリンク

-日用品, 収納, *暮らし・家計

Copyright© HAHATOCO CAFE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.